2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月26日 (火)

魔王の悲しき性

花火の向こう側で「ええ。」とつぶやく成瀬を見てしまった、その瞬間

ああ!!そうなんだ。
と切なくて切なくて。
胸が押しつぶされそうとはこういうことをいうのか。

ねじ曲げられた真実のせいで苦しみ、狂ってしまった人生。
自分が捨てるものは何もない。
そう思って11年かけて計画し、行動に移したその復讐。
弟や母親がどんな気持ちで死んだのか
それがどんなことなのかを、知らしめたかっただけだ。復讐という方法で。

でもここまできて、自分には母ならぬ姉や、弟ならぬ空ちゃんや、ましてや想像もしなか
った慈愛に満ちたしおりというマリア様までいてくれたことに気付いてしまう。
もうそれは嫌と言うほどに。

その大切な人たちに傷をつけてまで、続けなければならない復讐なのか?
かつて自分がされた仕打ちを、自分を愛してくれる人たちに自分の手でしてきてしまって
いたという事実。

自分の胸に刃がささるのは、直人への復讐が終わるときのはずだった。
でも、今自分の胸に刺さっている刃はこんなにも痛くて。
なんてあさはかだったのか。

そして魔王は自分の心にさらに刃を向ける決意をするんですね。
自分にとって大切な、その人たちを傷つけてしまってきたこと。
それに気付いてしまった自分がしなければならないことは・・・


魔王にならなければならない。
自分に罰をくださなければならない。

これで最後です。
そう決めて来たんです。

成瀬の言葉に嘘はなかった。そう静かに自分に言ったのだから。

帰り道、歩きながら魔王に変わっていくその姿は
それはそれは悲しい決意を秘めていて。
美しく命儚い蝶のように、私には見えました。


どうか。どうか!
赤い部屋に最後に成瀬の写真がありませんように。

2008年8月23日 (土)

私の糧

翔くんが「風の向こうへ」で書いてるリリック

ニュースZEROの取材でオリンピック選手と対談したり、ふれあったりして
そこで聞けた言葉とか、そこで受けた選手の気持ちとかを元に歌詞にしたって。

「夢重ねるみんなのために」   柔道、谷選手の言葉。
母とは何か、妻とは何か。どんな想いでそこに立つのか。。。

やわらちゃん、対談中ずっと目が潤んでたのが印象的だったな。

「感謝の言葉for my family」  レスリング浜口選手。

この大会に出れたのは、これまでの試練と家族のおかげってことを
何度も言っていて。その気持ちを翔くんがアレンジして。

「“I believe”  ただ力の限り」 水泳の北島選手から受けた自分を信じる力とか。

それぞれの選手が、それぞれオリンピックに向けて抱えてきた

「痛み」とか「焦り」とか。

それまで戦ってきたライバルとか、支えてくれた人の想いを

「あなたの分の想いも抱いて」と。。。

そして翔くんがよく使う「糧」って言葉。

   (支えるもの・力づけるもの)  と言う意味なんだって。


勝負の世界じゃ勝ち負けやメダルの色っていう結果ばかりがついて回るし
選手も本当にそのために、そこに照準を合わせて
ひたすらに生きて、まさしく生きて、来たんだろうけど。

翔くんはその取材で受け取った“本当のところの気持ち”や

そこまで来るまでの“過程”とその意味をちゃんと、この歌詞で伝えてくれた。

アイドルだからこのキャスターという仕事をもらえた。

だからアイドルとしての自分ができるキャスターを目指したい。
みたいなことを言っていた記憶があるけれど、

それは中途半端でも許されるという意味では決してなく
ほかの人にはできないことを自分はやっていくという強い意志なんだよね。

アイドルという表現者として聴く人に伝えることができるのは

純粋な感動。

評論とかでなく、等身大の気持ち。心にぐっと来る、心掴まれる その感じ。

それなんだよ!!

って。それがこのリリックには込められているように感じた。。

翔くん。ありがとう!!


私の心の糧はまさしく嵐だからね。

2008年8月21日 (木)

夢診断。で深読み??

夢診断か。。

これって難しくない?

だって私の場合「あぁ、今の夢って!?」って思い返そうと思った瞬間に

ガチャン ツーツー ・・・・  みたいな感じで  さっぱりよみがえって来ない。

だから夢を伝える側は、それは実にとぎれとぎれだったり、言ったそばから忘れそうだったり。

継ぎ接ぎだらけだったり。

それを診断する側もまた、出てきた物とか、フレーズとか、シュチュエーションみたいなものから

よみ取れるメッセージを、意味のあるようにつなげてしまうというか。

でな?ちょこっと好奇心で調べて。←あ~また始まったよ。気が済むまでやんないとだめ。眠れない。

ほんとは夢の国の神様にでも聞いてみたいところだが残念ながらそのネットワーク回線が繋がっとらんで。。

登場する人物→そのままの意味です。(いやーん成瀬さん)

電話→コミュニケーション。精神的な落ち込み。

職場→重労働を夢の中で課せられるような場合、ストレスや疲れが溜まっている事をあらわす。

あとはねぇ・・

その夢の中で「大学に行け!」って言われて何と思ったのか?ってこと。

それで夢は終わっちゃったって言ってたけど・・・なんて思ったの?

え~ん そこ重要みたいよ、大野君。


驚く→驚く夢は予想できない事態が起こる事を表す。

困る→戸惑いや迷いなど思案をめぐらせているあなたの心境を反映している。

たぶん、このどっちかなのかな?と思ってみたけど。

あの収録いつだったのかな?
やせっぷりからして8月初めころだろうか?
だとすると大野君にとっては結構リアルチックな夢だった?

比較されることは全く怖くないだろう。
そもそも誰かと比較しても仕方がないし、彼にとってはそれは意味もない。

(だからすごいんだけど。比較されてナンボみたいなとこで生きてるからね?)

好きならばそれで良いはずだし、楽しければいいはずだし
彼の言葉を借りれば結果自分が「克った」と思えればそれで良いはずだから。

ただあの先生が言った自分の評価を気にしてる・・に関しては?

ちょっと引っかかる。
どれがそのキーワードだったのか解らないけど。

自分に対する世間の評価の1つが
  (それは彼をよく知らない人たちの全くつまらない評価の方をさすけど)
嵐の評価につながってしまうんだ!!
と痛いほど感じてしまうようなことが彼の身に降りかかってしまったんではないかな・・・なんて。。

こんなことで大人になんてなりたくないよ。 (いえいえ私は十分、相当大人な年齢ですけど。)

人の心に傷をつける方法で、自分は評価してもらおうなんて、そんなの私は認めない。

そういう人もいるよ。仕方ないよ。なんて言って自分や自分の大切な人の心をごまかしていくなんて

私は絶対できない。

そんなことに目をつぶって生きたからといってそれは私の中では前向きとか言わないのよ。

だからとにかく思うのは、自分はそういうこと意図的には絶対しない

遠いところでがんばってる大野君には、こんなところから叫ぶことしかできないけど

「私は(っていうかファンのみんなは)あなたをちゃんと。ちゃんと見ていますよ。」

これからもまた揺らぐことのない愛を込めて。

トップページ | 2008年9月 »