2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

超絶男前な心意気

先週の彼のラジオの声を某所で聞くことができました。

毎週UPしてくださる方のご厚意に甘えて、5月からは毎週欠かさず聞いていたのです

けれど。   (本当にありがとうございます)
                                                                                                                                                   

なんか声が違いましたね。。。(ρ_;)

                                                                                                                        

でもそのときは
そうだったんだ~。
本当にお疲れ様。ありがとう。

                                                                                                                           
という気持ちで聞いていたのです。

                                                                                                                         

でもなんか、その後TimeのDVDを見ていて、

本編の最後の最後,Happinessを歌い終えて

バイバーイ!って、あの独特の言い回しであいさつして、

ダブルピースをした後、くるっと振り向いて戻っていく姿を見て、

なんか。なんか。   

                                                         

そのシーンとラジオでの声がかぶって来てしまって・・

                                                                  

困りました。

                                                                           

私がこのひとに超絶男前な心意気みたいなものを感じる瞬間ってのがあるんですけど

このシーンもその一つです。




こちらとしては

もうちょっとみんなに顔向けていっぱい手をふってくれないかな~
とか

もう一回くらいバイバーイって言ってくれないかな
とか

なんともやきもきしてしまうようなところなんですけどね。

                                                             

それをしないで、最後は自分でちょっと心にその達成感なのか充実感なのか、

そういった感動をしまい込む儀式をしているかのように

ほほえむだけで、すっといなくなる姿に

                                                                 

ものすごくグッと心つかまれちゃう私です。


                                                                          

その後また楽しそうに力を抜いた感じでリラックスした姿をアンコールで見ることはでき

るんですよ。

もちろんそれはかわいくてかわいくて大好きですけどね(*゚ー゚*)

                                                              
ラジオの話だったはずです。

そうですよ!

彼の声がいつになく大人っぽく、しっとりと聞こえて。

役の上とか、歌とかでは使い分けられる
  (彼にしたら使い分ける訳じゃないんでしょうけどね)

それぞれの声色をはてしなく聞かせてくれる彼ですけど

そんな彼が自然に大野智として出した声が

あの声が

 

    静かな何か。を秘めていて

                                                           
そんな気がして、心が震えました。

                                                                      

ろくに寝る時間もないのに、

それはもう私たちでは知り得ることもできないような状況のなかで、

本当にいろんなことを経験して、考えて。

また自分の持っている力と、周りにいる人達の気持ちとか力とかを感じて、

で、私たちにあれだけのものを魅せてくれて。

                                                                       

乗り越えてきたその3ヶ月半で

また一段と核を強くした彼は

次に何を私たちにくれるのでしょうか。。

                                                                        
想像でしかありません。

私の勝手な分析です。

ああ!!結局は自分がこう思いたいってことかもしれねぇっす!

あ。これ言ったらおわりじゃ?

                                                                       

でも追いかけても追いかけても

ふっといなくなっちゃうような

もしかして幻を見ていたのかもしれない的な

そんな気分にさせてくれる智くんを

だから追い求めちゃうんですか?   (誰にきいてる??)

                                                              

ここまで書いていて思いました。

                                                              

彼にとってはこれらは心で、体で、感じられるものであって

私のようになんか理屈でものを考えちゃう人間には

とうてい理解できないもの

なのかもしれないんですね。

                                                                    

  ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

                                                             

そう思うと、こっちが知りたいこととか、欲しい言葉とか

言い表せないもどかしいとことかすっーって出してきてくれる

翔くんとかニノとかって  すげー!!

っつうか嵐って   すっげー!

                                                                  

って、結局ここにたどり着きましたか。。。

なんだよ!!

                                                               

そうそう!! TimeといえばそのMCんとこ。

あの最初の衣装の羽根の説明のとこ。

大野君、  「翔くんほんとうざったそうにするよね~」って。

うざったいとちゃんと言う彼(かわいいったら!!)に

きしょいは無理ですから。

                                                                 

さあっ ZERO。

あれ?? 翔君。    ほっぺが・・なんか・・

まあいいか!  かわいいし!

                                                         

2008年9月28日 (日)

愛しさと切なさと心強さと

夕べ、久しぶりに小室さん見た。

昨日の朝洗濯物を干しながら

いーとーしさとっ、せーつーなーさと、こーこーろづーよさーとー

と突然歌いだした自分にびっくりした後の彼に、さらにちょいびっくり。

あ、歌っていたのは篠原涼子さんですね。

このブログ毎日ではないけれど、ぶつぶつ言いたいときに書こうと思って

始めてからはもう1ヶ月なんですな。

始めたきっかけは、この智くんへの想いをどこかにぶつけたかったから。

ぶつけたかったというか、心の整理をしたかったような。

でね。少し自分が思っっていたのとずれてきてしまって

もう一度見直してみようと思って・・再出発です。(大げさです。)

                                                              

大野君ファン(嵐ファン)のみなさまの書くブログを読んで、素敵な方々ばかりで

本当に感動して、毎日必ず読んで、同じことを思ってらっしゃるブロガーさんに

心の中で賛同してまた感動して。。

たまに思わずコメントしてしまったりして。。

素敵な言葉でもって綴られているそのさまざまなブログをみて

私も大野ファンの!嵐ファンの!一人になりたいな。

自分の心のなかでぐずぐずしている、表現しがたいこれらの気持ちを

このブログに書くことで、ああそうなんだと腑に落ちたい。というか。

                                                           

でも自分が1ヶ月間書いてきて気がついたこと。というか難しいなと思ったこと?

                                                          

だれか(だれだろ)にちゃんと伝えたい、届くかなとか思うと、

なんとかこの気持ちを整理して、うまい表現を探し出そうと思って

考え抜いて。。

でもそうやっているうちに、今思った気持ちがぼろぼろこぼれだして

本当にそうだったかが分からなくなってくる。

かと言って、今思ったことをただ書きなぐってしまっても

支離滅裂な感じになってしまって、それが本当の思いなのか結局分からなくなる。

                                                           

みなさーん。いったいどうしてそんな素敵な、おお~って納得できる文章が

書けるのでしょうか??

だれか私にレクチャーして~。

                                                           

結局は答えは出ないのかもと思います。

そっちが正しいとか、こうあるべきはない。

                                                                 

練習ですね。訓練ですね。きっと。。

ここであーでもない。こーでもない。というものをこういうオープンな場所で書く。

そうやっているうちに、1つ、また1つと何か気持ちが見つかるかもしれない。

新たな気持ちかも、懐かしい気持ちかも、今まさに思っている気持ちかもしれない。

急にうおーっって納得できることが1つ2つ見つかるかもしれない。

もしかしたら新たな出会いがあるかもしれない。

今日から改めてちょっぴりそんなことに意識して書いてみようと思います。

                                                            

さてさて、なぜ 「愛しさと、切なさと、心強さと」 なのかというと

昨日、突然自分でも前触れもなく口をついてでたこの歌詞が、まさに

私の智くんへの想いかななんて。

ぴくっと来たので。

                                                           

今朝早くTime ~コトバボチカラ~ を見たくなって飛ばし飛ばしですが見ました。

この日のなんか元気のない智くんの表情が切なさ倍増です。

彼にこの日何が起こっていたのでしょうか?

どんな未来がきてもタイムマシーンなるものが、家に一台の時代は来ないでしょうから

こんな心配も今更ですな。 でもなぜか毎回想っちゃうんだよ~(。>0<。)

           ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

私にとってこのコンサートDVDは

「愛しさと、切なさと、心強さと」 

まさにそれが詰まった宝物です。

どんなところが・・はまた今度にします。

2008年9月27日 (土)

それにしても『ヘコ』って彼の哲学の1つなのか・・も?

また話がちょっと戻ってしまいますが・・

短縮鉄道

∑ヾ( ̄0 ̄;ノ  ええ、まだ行きますよ。だって気になってきちゃって。(笑)

                                                        

実はみにすかぽりす!もあんま知らなかったんじゃないか?とかね?

 (゚ー゚;  あすぱら(がす)だし、みにすか(なんとか)だな?

     あっ、知ってるげいのうじんいた!  

     みにすかぽりす!!!

みたいな感じ? だってミニスカポリスに嵌ったとはどうしても思えん。

だから 「昔はやったよね~。。??」って可愛く言えたの!!

あれ?この人達どんなことやってたっけ??おれよく知らなかった!みたいなさ。

     勝手に解説ごめん。

だって私はミニスカには嵌らないけれども→当たり前です!

智くんにはがっつりどっぷり嵌ってますから!! →当たり前です。

きしょい→気持ち悪い!!!  も。

な~んか、優しくって、彼らしくて、好き。

    また勝手に妄想ごめん( ̄ー+ ̄)

相葉ちゃんへの「俺もわかんなかった~!」  握手! ハグ!  も。

    (*^-^) ほっこり・・・

            

                                                                                                   

話がいちいち逸れています。だって・・   

    智くんたら.+:。(*´v`*)゜.+:。

    ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

                                                                                                            

さてさて、いちばんつぼだった 「ヘコか、エコか、何か・・」

ヘコの意味を問われて 「へこたれな・・い・・」

                                                         

そう!!これはすごいんんじゃないか!と今更にして思ったわけ。

                                                        

そもそもへこたれないの意味は・・と思ったけど

語源がはっきりしない言葉らしくあまりちゃんと調べられない。むずむず・・

ではへこたれるではどうか?これも語源が難しいみたい。

でもありました。こんなふうに。

  →成績がふるわず、精神的ショックを受けて、行動や気力が萎えてしまうこと。

                                                                         

では「へこたれない」なら単純に反対か?

というと難しい。ショックを受けない。気力が萎えない。ではないな!!

  →ショックを受けてもそこから立ち上がり、気力を奮い起こすこと。

に近いのか?

少なくても私達のなかでは

「そんなことでへこたれない!」とか「へこたれんな!」みたいな

前向きになりたいときに使う、ちょっとした叱咤激励的な言葉なのかも・・なんて。

                                                               

だとしたらこの大野君が瞬時に、勝手に作った「ヘコ」って短縮語は

(いや作ってないけども、聞こえただけかも知れないけど、口にでてくるということは日ごろそういう精神がどこかに宿っていると言う意味でな)

     

彼の哲学のひとつかもしれないなって。

負けず嫌い。全然そう見えないけど負けず嫌いな彼は

何があっても「へこたれない」

「ヘコ」な精神で、数ある難題を、あの世界で、超えてきている。

で今日もみんなの前に立つんだな。。

                                                        

だったら、使いたい ( ̄ー ̄)ニヤリ

智語録。

                                                       

今日から私もマジで、ガチで、ヘコで!!

                                                        

にのも言ってたよ。「だって(この人には)ヘコってきこえたんだもん」って。

なんかこれも深いけどね??    にのの愛・・んふふ。

                                                                  

2008年9月26日 (金)

あらしちゃん。もうチョイじっくり頼んます!!

あらしちゃん。

天然氷のカキ氷。シロップの本格的なところも含めておいしそうだったな・・

結局、イチゴと抹茶、練乳以外に何があったのか覚えていないケド・・

あの!!スタッフさん。お願いですから!!

ニノが大野くんにやたらべったり・・肩組みーの、腰さわりーののシーンとか

翔くんとカキ氷味見しあうの!?見詰め合ってなにやら・・ってとことか

                                                                                                        

画面の端でいいのでずっと写しておいてください!!!! 

                                                                                   

ちょきーん、はい次ーって行かないでー(≧ヘ≦)!!

ファン(大野ファンだけ?)はそこが、そこがつぼなのよーって。

そこからは勝手に妄想しなさいってってか?

いやしますとも、どんなやり取りか・・・

 翔くん>さとしくーん。そっちどう。

 智くん>うまい。

 翔くん>ちょ、食わして。

 智くん>黙って差し出す・・で、翔くんには食べさせてもらう。

 翔くん・智くん>見詰め合って、うめーっ(゚▽゚*)て顔する。

゜.+:。(*´v`*)゜.+:。゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

私、翔ちゃんと見詰め合って、この目で会話してるらしき姿が

どうも大好物っすヽ(´▽`)/

そして予告!!潤智です!!

黒髪&短髪 チラッと見えましたよお。

潤君がっつり智くん一人占めですね?

しかも釣りって?!

今度こそ、今度こそ

2人のなにやらこそこそシーンとか

まつもっさんが智くんにひっつきシーンとか

お願いします!!!!(懇願)

                                                                                 

c(>ω<)ゞ

2008年9月25日 (木)

VS嵐の番宣!!これにかけてる!

夕べのあれ!VS嵐の番宣で来ました!!ってやつ。

最高におもしろかった~。

やっぱ素の嵐ちゃんよねん。

大野マン。最高のクオリティだったんではないでしょうか?

世の成瀬堕ちのファンの皆様はどうな風にあれを見たのでしょうか?

だってぇねぇ?

あんなに可愛いおばかさん、もうすぐ28歳。

シャープペンシル!!!!! 小1かっ!

あすぱら!!! ん?当たってるのに!!って思ったのは私だけ?

んあ~アスパラガスねっ。にのちゃんありがとう!

アスパラガスはサラダよりベーコンと・・とかのほうがおいしくてよ。。

ミニスカポリス!!!!

ぶぁっはっはー!!助けて~助けて~

翔くん、まじでガチで、この方やばいんじゃ?

チョべリバ世代吹っ飛ばしていつの時代かに行っちゃいましたけど?

ミニスカ自体が略だからね?ってにのちゃん、もっと教えてあげて~。

こんくり・・・と・・・・・???

コンクリートでよかったってこと???

無敵だ!無敵だ!

他に何があんですか?智くん!あなた無敵ですな・・

で、私の一番のつぼは

ヘコか、エコか、何か?

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

何気に韻を踏んでんじゃ~。

翔くん出来はいかが? おたくのグループのリーダーのリリックの出来とやらはいかが?

いって!いって!いってぇ!

腹いてえ!

って。

翔くんが短縮語得意なのは分かる!!使ってそうだし。

まつもっさんが一般常識ばっちりなのも知ってる!!

でもにの!あなた超えてるわ。

そうだよねぇ、何気にいろんなこと知ってるもんねぇ。

DVD!あんなん言うのね・・初めて知った・・(って覚えてないけど)

相葉ちゃん!!今日は外さないのかと思ったじゃん。

よかったよぉ、いつもの相葉ちゃんで。

いやいやこのコーナーで意外に!意外だけど!

成瀬さんをずるする引きずって暗いトンネルから出てこられなかった思いが。

体を縛り付けていたものが。

そんななにやかにやから・・・

抜けたんでない??

私、智くんへ戻ったんでない??

おお!!おお!!すっげー!

まじでガチで!(翔くんつかってるよん)

おばか大野マン!!!最高・超!!

あんがと!本当にありがと!ねっ。

福島、VS嵐スペシャルやんのかな~?

やってね?!見た~い!!

2008年9月22日 (月)

優しさの連鎖みたい

智くん、もう個展やってくれないのかな~。

写真集に「最初で最後と思ってやった。」って書いてあって

やっぱこの人潔いんだよ。。って惚れ直す一言。

だけど・・・その最初で最後に行けなかった私。

札幌外れて、もう後がなくって・・・泣いたな~。マジで泣いた。

コンサート外れるより、ある意味切なかったかも(いやわかんないけど)

だって、智くんの作品に囲まれて、さらに1つ1つの作品を堪能できる機会ってそうないでしょ!!

(だからもうないけど・・)

智くんの心から、手から産み出された愛を、その温かい雰囲気を、

大野智以外の何者でもないその空気を

感じることが出来なかった。。。

この個展に、会社の同僚が行ったときのことを思い出した。

若い頃から足の悪い彼女が、安全対策云々で使えないエレベーター&エスカレーターに

困り、開催に関する問い合わせ先に電話してみたら

配慮が足りなくて申し訳ありませんでした。って言ってもらえて。

当日もとても親切丁寧に対応してくれたって。

もちろんスタッフさんは各方面のプロだろうし、ジャニーズ関連の催しものだし、

それは徹底的に教育もされているんでしょうけど、

実際にその言葉を受けた人、その親切な対応を受けた人が分かるほんとのとこって

あると思うんです。

でもその人はお礼状書く!!って言うくらい感動してて。。。

感じたんですよね。きっと。。

で、行けない私のために、もう一度やってくださいって書くから!

待ってる人がたくさんいるから、待ってますって書くから!って言ってくれて。。

なんかもう!!優しさの連鎖みたい・・

これは日ごろの嵐とか大野君とかのスタッフを思う気持ちからきてるところも

絶対あるよなって思えて・・

だって絶対スタッフさん大事にしてるもんね??

だって智くん、コンサート前に必ずすること

「メンバーとジュニアとスタッフに怪我がないように祈る」

だもんね。

でも、今やったらもっと行けないんだろ~!!  だよな~!!

でも新しくファンになった人にも見て欲しいよね?智くん!

あなたはそう思いません?

届かぬ思い。

いっつも叶わないから、いつまでも、こんな気持ちから抜け出せずに・・・

いやでもそれこそが、このどうしようもなく切ない感じが

私達のこころを常に揺さぶって、くすぐって、あったくしてくれんのだろうか。

部屋の智くん(いやポスターね)を見てみる。

あーん。あったかいじゃーん!!!!!!

いつもそこにいてね!私の心の中で私の心、掴んでて~!!

2008年9月20日 (土)

魔王がこなかった金曜日

その前に、木曜日のひみつの嵐ちゃん。肝試しを見て

大野君、本当はこういうの嫌いなんだなって思ってしまった。

怖いとかそういういことでなく、なぜに意図的に人を怖がらせたり、驚かせたりするのかってとこが意味わかんない。んじゃないかな~と。

それが結果あの異様なほどの落ち着き、冷静さにつながっているんじゃないかって。

でもそんな思いを心の中に秘めつつ(いやこれは私の勝手な妄想ですがな)

にのにぴったりくっつかれて先頭を歩き、「おすなや!」←男前・超!

「これあぶねくね~!?」←さらに男前・超!

「うわ!最悪・・」←さらに男前・超!

なんでしょうか。この方。

なんかこの男くさい感じ!!!!!    たまらんでしょ!

さてさて金曜は、朝3時半からやけくそで魔王最終話をリピート。

もう仕事のことなんてどうでも良い!←えぇ??寝ろよ~。

もう成瀬さんと逢えない。そう思うだけで胸が締め付けられて・・・

心臓をえぐられるようなあのシーンは、そのまま私の体の中にいたんですな。結局。

見て、そして二人の声や息づかいを聞くと ぐあぁ~っと それらが集まってくる感じ。

そしてさらにしおりとの花火のシーンまで遡って。

ええ・・とつぶやくその表情で見えてしまった、成瀬が自分の最期を望んでいる気持ち。

しおりの愛に触れて気がついてしまった、自分の気持ちを置きに来た様子が

またたまらなく胸を締め付けて。

ああ!!!!

最終話だけじゃない。つながってた!そうだよあらゆるシーンにつながってたんだ!って。

改めて気がついた朝。

タイムアップ。仕事行かなきゃ・・・って。この心理状態じゃ仕事にならんわい。

まぁ、なんとか仕事片付けましたが。

いつもの10時20分。

例のアレを。やつからのアレを、待ってしまっていたのは言うまでもなく・・

2008年9月18日 (木)

役作りは必要ない???

今、「もうすぐ金曜だぁ!迷惑メール!」って思っちゃった。

・・・・・・・・

はぁ。。抜け出せないよ~。成瀬さん

いやでも、この大野智という俳優は、面白いな~と思ったな。

だってあれだけの心理状態で、合間に釣り・・・

まあ!これは良い。

彼にとって空気みたいなもんだ。これがなきゃドラマ続かなかったかもしれないし。

船の上で波に揺られながら、んぼーーーっってしてると彼のパワーはチャージされて・・・

で、ぐぐっっと来たら・・・・

「もう帰りたくなーい」ってなんないの?あーなってただろなー。ふっ

しかーし。

日焼け!!!!! 痩せた~! ???ちょっと戻った?

を気にしない!!ドラマなのに!!

やっぱりこの人役作りとかじゃないんだね。。

でも!なのに!あんな成瀬領を見せてくれる。

うーん深~い。だから好きなんだけどね。よかったー大野君に出会えて

そう考えてたら、もう来ない迷惑メール。仕方ないって思えてきた。。

今日は嵐ちゃん。仕事がんばろっ

いや、でもこれからは食べ過ぎないほうが!?

TVガイド。

国立コンの様子。

写真ちっちゃいけどいい顔&いいシーンばかりじゃ~ん。

そうだった!そうだった!そうだった~!

オープニングの衣装大好き!似合う!似合う!

目の前から現れた嵐くん。おわぁ!智くん一番ちか~い!!(いやいや私達から見たらね)

蛍光黄色が利いてたな~。くつ、ミッキーみたいだった~。

はっきりいって智くんの衣装しか覚えていなかった自分にびっくり。。

へぇ他メンとこんな違いがあったのねぇ!

「魔王見れないから早く帰って~!」いやいや帰ったらあなたが見れませんから!!

そうそう!松潤の相葉ちゃんかみつきっ!うれしそうに噛むんだよ! 

「なんだそれーなんだそれー!!」ってすっごいテンション上がったっけ。

それにしても他ページ嵐便。今年はどんな秋に・・のとこ。

大野さん!もうドラマ終わったから食べ過ぎたら・・・やばいんじゃ・・・??

ねぇ、もうちっとだけ見た目気にしましょう!あーた芸能人ですよ~。

ほら!スターランキング1位ですよ!

えぇっ??1位!?

2008年9月17日 (水)

嵐への出会いについてちょっと長く・・

嵐が1999年デビューしてから9年という日々が過ぎ・・
その間私は何をしてきたかちょっと考えてみた。
2000年私は結婚。
でも旦那とはもうずいぶん前から一緒に住んでいない。
私が子供を連れ家を出たからだ。
マイホームも建てた。
ギクシャクとしていた関係がこのことで少しでも改善すれば!!
私のひとつの賭けでもあった。
私も正社員として働いているし、なにせ私の親が頑張ってきた商売に失敗し
職を失い、家を失っていた。一番はがんばって突っ走ってきた父親の病気のことがあったから。
うちで面倒が見れないものか・・と旦那に問うてみた。
答えはyes.でもその返事に愛は無かった。
新居ができ、後に同居したものの、結局旦那は
私の両親に目を向けることも
挨拶することも、返事をすることさえも、一度だってしたことなかった。
それどころか、顔を見れば舌打ち、ため息を繰り返し
私の両親の心にものずごく傷をつけた。
そしてあろうことか、幼い子供の目の前で、繰り返し・・
私への無視はいつものことだった。まったく認めてもらえなかった。
自分の思うとおりにことが進まないと無視。
でも自分から何をやりたいかは決して言わない。
私に「察しろ。」と。そういうことだ。
ならばなぜなのか、いや、だからなのか、私のそばを一時も離れなかった・・
近所のスーパーへの買い物にも、洗濯物を干すのにさえもついてきた。
まったく気の抜けない日々。旦那のご機嫌取りの日々。
自分の意見も思いも、楽しみもどうでもよくなっていた。。
こういう日々の繰り返し。
はっきりと旦那の言葉が口から出るのは非難だけ。
こちらが何か言おうものなら、そこから続く徹底的な無視。
3歳の子供にさえもそれを貫く。
大人はまだいい。なんとか心をごまかす術を持っている。
でも傷つく子供の心は?
全身全霊で親に愛情をぶつけているのにその仕打ち。
もうだめだ!!
家を出てから1年と数ヶ月。
今じゃ全くメールもこない。
私は会社をやめていないから会社で毎日顔を合わせているし、子供も保育園を変えていない。
当初は待ち伏せされたいり、家に押しかけられたり、
子供を先に迎えに行かれたりするんじゃないかなんて思って警戒した。
無駄な心配だった。。。
いまだに一度もお金を入れてくれたことも
子供の成長を心配するメールをくれたことだってない。
そういう人だった。
見抜けなかった、流されて結婚したけじめのない私の責任。
今年1月。病気だった父が亡くなった。
知らなくても良かった娘の不幸せな姿を知り
自分も徹底的に無視され、58年生きてきた人生を踏みにじられるような態度とられ
精神的にも苦しんで死んでいった。
もともととても明るく、あきれるほどポジティブな人だった。
だから寸前まで前向きだったけど。。最期に嫌な思いさせちゃった。。
娘の後悔。
でも泣いていても仕方ない!!父の死の時期はなんとなく知っていて
覚悟していた。看取ること。それが私の役目だったんだ。
後悔はしたらしきれないものだ。生きていたら喜びと隣り合わせでそれはある。
だからこそそれを感じつつも喜びのほうを見ていたいじゃない。
こんなタイミングで私達家族は嵐に出会った。
子供達が気に入り、我が家にやってきた嵐のCD、Happiness。
歌に救われて買ってみたDVD。
一気に家族全員が前向きに進み始めたのがわかった瞬間。
本当に嵐は私達家族のまさに救世主。
泣いてばかりのマイナス思考の母。
仕事が人間関係でうまくいかず、毎日睡眠を削って働いていた妹の離職。
そして難しい就職活動。
私のまだ終わっていない離婚問題。
子供らの傷ついた心。
これらすべてをまるっと暖かく包んでくれている嵐。
だからか嵐を見ると本当に幸せになり、暖かくなり。
がんばろうって思える。
本当はもうちょっと前に出会いたかった。
でも父が代わりに置いていってくれた明るい天使なのかもしれない。
だったらやっぱりこのタイミングだったんだな。。
って納得できて。
嵐じゃなきゃだめだったのかはわからない
でも父が亡くなり、それを看取った子供が連れてきてくれた嵐。
それを信じられた。
だからこれからも子供の直感を、
私達が嵐に出会ったあの日から変わってきたこの気持ちを信じて、
ずっとずっと嵐についていこうと思います。   
いつもありがとう。
そしてこれからもよろしくお願いします。

2008年9月16日 (火)

さよなら成瀬領!

長ーい文章打ってたのに!何を間違ったか!全部消した
以下、魔王最終話の感想?萌えところ?だめだし?
まあ、いろいろ思ったよ。
朝の光の中でしおりに抱きとめられるシーンあたりから
その表情とか、しぐさとかにもう動けません。
ほんと反則だし。
「一番大切なものを置き去りにしようとしていた僕に
 その無益さを教えてくれたのはあなたでした。
 新たな未来をあなたと一緒に生きていけたら。
 申し訳ありません。
 そしていままでありがとう。」
しおりへ宛てたラブレターであり、遺書でもあり。
あなた!!なんて声でその手紙読むんですか!
「ありがとう。」  ってやばいだろ!やさしずぎる・・
最期のシーン。大野君も斗真君もすばらしかった!
ここはもう鳥肌だよね。体温3度くらい上がってみてたよ。たぶんな。
安堵。微笑み。焦り。絶望感。
そして色気。。
これね?色気ね?そう思ったのは私だけ?
人って死を目の前にするとこんなにも色気立つもんなのか!
本能が噴出すってことなのか?
そう感じていた私は、相当な変態オタク??
もみ合いの末に引き金を引いてしまった領の前に倒れる直人。
奇しくも11年前に直人が味わった気持ちが
ここまできてわかってしまう。。。
大野君の表情のひとつひとつにぐぅっと引き込まれ
心臓が痛い痛い。いたいよ~。
最期二人寄り添って眠っているような姿をみた瞬間
涙がだぁっと、だぁっと溢れちまいました
11年間、本当にがんばったよね。疲れたよね。
そう声をかけて、二人の頭をなでてあげたかったよ~
っつうかしおりちゃん!
ほら!泣いてないで(泣いてもいいんだけども)
二人をぎゅううっと抱きしめてあげて!
あなたは二人を幸せに導くマリア様だったはず。
で、領が一番好きだって言ってた
二人で聴いたOver the Rainbowを
子守唄にしてあげませんか??
ぽつり、ぽつりと歌い始めるしおりの子守歌が
賛美歌へ変わり・・二人は天に召されるわけですよ。
エンディングはそのほうが魔王らしく美しかったんでは?
と思ってしまった。ベタ過ぎる??
いいじゃん。ベタで。ここだけ現実に戻すことないし。
(しおりは抱きしめなかったけど
この後監督は二人を抱きしめたそうですよ!こら)
3年後というあの海のシーンほしかったの??
寄り添って舞う蝶は二人の心の象徴だったんだろうけど
そんなのは、二人の最期のシーンを見れば十分伝わってるし。
ねえ?領は直人の肩に身を預けて幸せそうにしてたよね??
これ以上何が必要すか?
この二人をずっと映し続けるっていうエンディングの方がよかったな・・
そうしたらますます抜け出せなくなる?
つうか想像して抜け出せない・・(自爆)
なんかだめだーあの2人の最期。
本当の兄弟のようにも見え、なぜかラブシーンにも見え。
やっぱ色気から抜け出せないのか?私。。
これで思ったのは
やっっぱり大野君っていうひとは
しぐさの細かさとか、表情や声のすばらしさってことはもちろんだけど
なんかその人の背景っつうか人生を見せてくれるんだよね?
だから演技っていうくくりじゃ言い切れない。
あ~抜けられない。
やっぱ成瀬領さん、いなくなっちまったよ。
こうやって感想を書くことで少し心を整理しております・・
そんな私の気持ちを引っ張り上げてくれたのは
トマゴト(ジャニースweb。生田斗真ニッキ)

斗真くんのニッキたまに見てたんだけど
終わりのあいさつは決まって ciao だったのよ。
だけどこの日は違う。 2008.9.12 生田斗真 となっていて。
なんかそれだけでジーンときたな。。
いい男だよな~。この人も。
 
撮影中は大野くんとそんな気持ちで過ごしていたんだね。 一緒にいるけど線を引いて。
だから大野くんも電話したんだと思う。斗真君の気持ちちゃんと分かっていますよ。大野智という人は。

ある人がブログに書いていたんだけど
私は嵐のおーちゃんな大野君にはまったファンですから
今は苦しいけど、抜け方を知っています。
でも今回の魔王で成瀬領な大野君にはまったファンの方の
心境は大変なものとお察しします。
って。
そうかぁ!これでファンになったって人はいるよな!
この人へはまる場合、だいたいは底なし沼方式だから(笑)
成瀬→大野智へシフトできる人は、サトシックになればいい話だけど
出来ない人はひたすら成瀬領を追い求めさまよっちゃうわけか。。
いなくなっちゃったもんね・・
きっとそういうファンのあり方もあるんだろうな・・苦しいね・・

嵐10周年突入!

嵐のみんな~お誕生日おめでとう
いつも
これからもよろしく
ハワイ時間で9・15、日本だと今日なのか・・昨日なのか・・
まあ!10年目突入!なんだって。
まさかここまでずぼっとハマルなんて。。
でも今年はじめ、怒涛の嵐ブーム前になのか、それに乗ってなのか
重症ファンになれて。うれしいね。
子供に言われた借りたHappiness。
そこから聞こえる大野君の声にとなり。
続けてアルバムTimeを借り
やっぱり大野君の声にと来て。
Step and GoのDVDを見て嵐みんなにはまり・・
大野君の作品集をやっとの思いで買い
その作品と大野君の考え方にさらに惚れ・・・
AAAのDVD。
Rain。衝撃だったな~
そしてファンクラブに入り
7月5日、6日札幌ドームコンサートarashi makes Dream”A”Liveに行き
Greenに泣き。YOUR SONGに泣き。ARASHIに泣き。
9月はじめ国立競技場での野外コンサートarashi makes ARASHI AROUND ASIA 2008
に奇跡的に行けて、席も奇跡的に近くて。(アリーナD13 60・61)
数m先から現れる嵐。みんなの汗とか目のキラッキラな感じとか
もう、それははっきりと見えて。 
その情景の素晴らしさに感動して。
結果、嵐をもっともっと好きになっている。
私に生きる糧と、こんな幸せをくれた嵐!大野君!
何があっても私はあなた達についていきます。

2008年9月15日 (月)

最終話前のラブレター

魔王。12日の最終話を見る十数時間前にこんなラブレターならぬ
ファンレターを魔王サイトに書き込んでいました。
成瀬さん!
最終回見る前に書いてます。

私の心をこんなにも掴んだまま居なくならないでください。
しおりちゃんと同じ気持ちでいます。

本当は優しくて暖かい友雄さんと、魔王になってすべてを終わらせなければならない成瀬さんの
1つしかない心の中での葛藤が切なくて、悲しくて。

本当はみんなが苦悩していたということを知り、その現実を突きつけられて、それでも終わりにしなければならない理由。。
それは自分への罰なんでしょうか?

完璧な復讐のはずだった。
でも人の心に触れて、蘇ってくる友雄の心。
魔王になりきれなかった成瀬は最後は自分に罰をくだすの?
最後に芹沢の心を救うのかも?とか考えてしまいました。

あ、ファンレターと逸れてしまった・・ごめんなさい。

大野智くん!
やはり私はあなた無しでは生きていけない!!
なんて感受性の高い、心の深い方なんですか?
この成瀬領はあなたにしか出来なかった。
あなたでなくてはならなかった。

生田斗真くん!
回を重ねる度に、芹沢刑事の苦しみが伝わりました。
いつも大野君を立てていて・・あなただって相当暖かい人ですよ。


そしてスタッフのみなさん!
共演者のみなさんの演技、もう毎回おぉお~!って引き込まれました。
1回を何度も見直すドラマって初めてです。
人の心理まで探って入り込めるこんないい作品にあえて
この3ヶ月本当に幸せでした。

別れるのは本当につらいけど、私は最終回で身を引きます。
そう大野君に心ガッツリ掴まれたまま。。
最終回を見てしまったらもうファンレターで終わらなさそうだったので先に書かせていただきました。

ありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。
また同じスタッフの方で素晴らしい作品作ってくださいね?
ではその日を楽しみに・・

2008年9月 9日 (火)

素晴らしき世界

なんて言えばいいか分からない。本当に本当にいいコンサートだったな~

始まるちょっと前、メインステージのセットのAの文字の隙間から、夕焼け色の光がもれてて。

後ろを見るとスタンドを埋めて、幸せそうに待っているみんなの顔が見えて。

聖火台を真ん中にぐるっと紫と黄色いAのフラッグがはためいて。

国立競技場ってところでやる野外のコンサートに参加できるなんて、そういうチャンスをもらえたなんて、始まる前から本当に幸せな気持ちで。胸いっぱいで。

嵐のみんながこれがまた幸せそ~な顔してて。目がキラキラしてて。

本当に私達は嵐くん達に幸せをもらってるんだなって。。。

まさにトラックを走るムービングステージ。その上の照らされるメンバー。

元気。そして神秘的。

途中夜空を見上げると、少しモヤがかかったが出ていて。

もう聖火台の上の5人のシルエットの素晴らしいこと

嵐と聴衆を照らす松明。

嵐くん、上空から下界までを臨んだ気持ち、どうだった?

でもね、嵐の目を通してウチらにもその景色が見えた気がしたんだよ。

一緒に連れて行ってもらえた気がする

その幸せ感っていったら。

あんなかっこいい登場とリリック。

夜風を切ってすべり降りてくる嵐。

その光景を目の当たりにする6人目の嵐達。

充実感

数万もの白い風船が上空どこまでもどこまでも舞い上がり。

それを見ながら聞くOne Loveはそれはそれは美しく、素晴らしく。

みんなを濡らす噴水も、その中で幸せそうに歌うみんなもそりゃ美しくて、愛しくて。

で、打ち上げられた花火を見上げるみんなの顔はもうなんかそういう顔見せてくれて、

ありがとうございます。

もう、嵐にどこまでも着いていけるなって感じて。

まさに素晴らしき世界。私達の心にその空気を、世界観を鮮明に刻み付けてくれたコンサートだった。

蘇る景色と匂いとなんとも言えない幸せで愛しい気持ち。

いつも暖かい気持ちをくれる嵐だけど、今回は景色とか空気とかまでくっきりと

私達の胸に届けてくれたね。。

ありがとう

いつも私達を幸せな世界に連れて行ってくれて。

この日の景色と気持ち一生忘れないと思う。

本当にありがとう

2008年9月 7日 (日)

私にとっての大野君

参加した夢のような国立コンの翌日、タロット占いを受けに行ってきた。

他に色々聞けたのだけれど、これは個人的なことなので伏せて・・(えっニッキなのに?)

私の心の中に四六時中居座って離れない大野君について

私にとって大野くんとは?というのも見てくれて。
大野君に何を求めているのか?私のこの状況はどうなのか?って。

おしえていただきました。カードはまず3枚引いて・・

魔法使いのカード

大野くんは私自身のことを色々気付かせてくれる魔法使いです。

あと、無償の愛・のカード その意味を分からせてくれてるのも彼。

あと、過去(前世とか)に関わりがあった。一緒の時代を生きていた人。
だから声に反応したのでは?聞き覚えがあったのでは?と。

あと、自分の心を見つめるきっかけをくれた人。ここってタイミングであらわれた救世主。

やけに納得出来て泣けたな

だっていつも大野くんってお釈迦様みたいだなぁって思っていたから。

大野くんが今私の心の溝とか穴とかを埋めてくれていて、今とても必要な人で、

それで心が満たされた時にバランスが取れて、

本当の誰か、手の届く誰かが見つけられるんじゃないかってさ。

タロット占いで出た結果が全てじゃないけど、本当に納得できたよ。行ってよかった!!

私は自分が本当に何がしたいかを強く思うことがないから、

守護神はその程度のものしかくれない。

だから好みじゃない。残したりする。次も同じ。

結果机の上にはやりかけがいっぱいで重くなる。
じゃあ食べるか~と思っても、もう本格的に上手くない。

逆に自分の気持ちをちゃんと考えて、それに正直になれば、

守護神はちゃんとそのチャンスを与えてくれる。

すると食べられる。残すこともない。いつもすっきりしてる。

大野くんのことで自分がどれだけ熱中できるか、

考えられるか、行動できるか、がわかったはず。
大野くんって凄い人だね。感謝しなきゃねって。

ありがとう!!私の救世主!大野君。

あー!!国立コンの感動より先に、こっちの感動を載せてしまった。

だってこんなに素敵なコトバもらったのに忘れそうなんだもん。

2008年9月 5日 (金)

何人?

智くん!いや成瀬さん?

嵐ちゃん、久々にリアルタイムで見たけど。。

「何人?」「何人いた?」

って。何?その渋い声で聞くの?  さいこーやな~

なんかこういうとき男前・超やな。

まつもっさんが手つなご~って言ってるよ。

つないであげなよ~ 怖がってんじゃん!恋人つなぎ、きっと素直に応じるよあの人。

でもこういう廃居みたいなところでのおふざけロケ、大丈夫なの?

また智くんに、居心地いいって誰かさんが憑いちゃうよ~。

前もああいうロケで好かれちゃって、5年間もひざに爆弾抱えてたんだよね??

江原さんに気付いてもらって、取ってもらってたよね?

もうやめようね?

2008年9月 4日 (木)

明日国立!なのに!

明日国立なのに!遠征なのに!何も準備できてません。

それに同行の妹ちゃんの具合が思わしくないらしく・・大丈夫か??

そんな私、先日の24時間テレビでのにの手紙にがっつりやられております。

そこから抜けられない。。

あのにのがみんなに手紙を書くってだけでもう感極まってしまった。
だめだね~。思い出すたびくるよ。くる!

依頼来たとき「どうしよう!!」って思ったろうね。にの。
ほかのメンバーまた違う感じで。
宿題くんで書く手紙ならいつもの天の邪鬼でいいけど、違うでしょ。
ニノがたまにまっすぐに一番の嵐ファンであることを述べて
嵐愛を述べて・・ていうのはあったけど雑誌などの媒体に対してで。
仮にメンバーが目にすることがあったとしても
ごまかしようがあるというか。それさえも天の邪鬼にできてしまうというか。
そういう気持ちだから言える所もあったと思う。

ドキドキしたろうな。。書くのも。読むのも。

なんかその過程をを考えただけでまず来る。(うるっ)
ニノがあの色素の薄いきらきらした目(大好き)をくるくるさせて
ちょうど良いように考え抜いたのかな?
本当にペンの動くままだったのかな? 違うよね~。きっと。

メンバーと6人目の嵐にはものすごくわかりやすく。
でも一視聴者には漠然と。。伝えたかったのかな。。

大野君。嫌な顔せずお世話にてくれて。。
お世話してくれて・・っていう部分にこだわりと大きく深い意味を感じ。

翔くん。空気がよめる。本当に頭のいい人しかできない。
うん。翔くんの優しさ、視野の広さがそうさせるんだよね。うわべじゃねーよって。

相葉君。ずっと一緒にいますね。
それだけで伝わってるよ。それがすべてじゃんね?十分。十分・・

潤君。優しい人はそんじょそこらにいますが、あったかい人はそういません。
あなたの優しさにはあったかさがあります。
まつじゅんがここまであったかくなったのはにのを含むメンバーのおかげですね。

いつも自分たちを思ってくれるスタッフ、家族、友人、ファンを
6人目の嵐と称して、感謝の言葉をくれたにの。

こちらこそ!こちらこそ!
あなた達に出会えて良かった。ありがとう。

あ~国立!翔君あんなリリック書いちゃって!嵐呼び寄せないでよ~。

ARASHIC再発!だもん。晴れろ~~!!

準備がんばるぞい!

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »