2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月28日 (火)

あの夏の想いを、今。

おめでとう 大野くん。
何回目かな・・ こういう賞もらうの。
本当にうれしい。
私らの心に残してくれたものだけでいいんだよ?
それで本当は十分なんだけどさ。
でもやっぱり嬉しいよ。 うん、とっても。
国立の映像見てていつも思うことがあって。
あの夏、身も心もを削って、成瀬領でいてくれた大野くん。
ううん、ほんとは大野くんなんて呼べないくらい遠く感じた時期。
だって、もう誰だったんでしょう?ってくらい美しくて、儚げで。
この時期、彼の体温は3度くらい低かったのでは?って思える。
きっと彼の手に触れたなら、それはそれは冷たかったんじゃないかって。
おそらく彼が人生一、苦しくて悲しくてたまらなかった時期。
成瀬になりきることで、その想いを役に重ねることで
そして魔王という世界で吐き出すことで、振り切ったあの時。
そんな彼をこちら側からただ見守るしか出来なかった夏。
でもその成瀬さんへの切な過ぎる想いを
夏の思い出として、そっとしまってくれたのは
やっぱり健太くんだったり、智くんだったり・・・。
そしてこうやって今
彼の笑顔を見ながら振り返ることができるんだなぁって。
やはり私は大野智という人を見て感じ取ることしかできないから。
見て、声を聴いて、この人の世界に引き込まれることで
賛辞を送りたい。
感動することしか出来ないちっぽけなファンだけど
送りたいんだよ。
そう何度でも。
おめでとう。 
そして・・・ ありがとう。

2009年4月27日 (月)

まとめて どん!!

インフルエンザのだるさもようやく、ようやく抜けてきました。
のに!
会社には来るな!ウィルス持って来るな!と
暖かい言葉をもらって(笑)まだ休んでいます。
なのでリハビリ代わりにちょっと。
感想いろいろーーー。
    Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~
     ぎゃおーーーん!!   (って感想か?)
こっちじゃJ-ストのCMは入らないので
みなさんがどんなに絶賛されていても
CD手に入れるまでお預け。ってつもりでいたのね。
でもこれ見たら俄然楽しみじゃね!
昨日から何度リピったかな?
もうね。みんないいんだけどやっぱ何度リピっても大野くんばっか。
そこばっか見ちゃいます。汗・汗。。。
まだ抜け出せない。
なんてのかなー。がっつりと踊れば踊るほど
余裕に見えて大人なんだよ、彼って。
いつも通りなんだけどね? 無駄な動きはないし。
肩の位置が一切ぶれない。
上下にも左右にも揺れないっつうね。
上半身中心に見て、ある程度分かったら今度は下半身見て。
(おいおいここだけ読むとなんですけど)
やっぱすげーな。と思うんですよ。
それに・・ 頼むから色気 ちいっとしまってけろ・・・・ ひぃ。
    うたばん
正直言うと、相葉ちゃんと翔くんの声もっと聴きたかったけど
いっつも嵐にあたたかい中居くん&貴さんなので
感謝してます。
鳥マジック中、大野くんの肩をばしっとやった中居くんがツボでした。
なんか素っぽかった。っていうかね。
口あけっぱなしで、マジックを見ちゃってるにのにも癒されたり。
(にの、お口!くーち!ってテレビの前で言ってました。)
しかし大野君って人は
黒さと共にお目々うるうる度も増してくるんだね。
助けて!!釘付けになっちゃうから!(私がね)
    松潤のフレパ
松潤、顔ちっちぇぇぇ!!
これだけじゃないけど、敢えてここを。
嵐の中にいるとみんな同じくらいに見えるってことは
やっぱジャニーズ基準ってすごいわ。
    ブランチ
いっそブランチにアラシちゃん編集してもらって放送したら!!
(言い過ぎ?いや、んなことない!)
5人であーだ、こーだしてる姿見て
やっぱこれだよねーって。
ああやってお題出してさ、5人でわきゃわきゃさせといたら
あんなにキュートな味が出るんだから。
    スマイル
2話ともちゃんと見ました。
きついドラマですね。
ストーリーをちゃんと追っていくってのも大事なんだろうけど
まず偏見ってのが立ちふさがってるってとこがね。
事実、社会的にはそうなんなんだろうね。
どんどん重ねられる疑惑がつらいです。
そんな中の2話、花の勇気がビトを救うことが出来て
法廷でどんどん自分の誤解が解けて行く最中のビトの表情で
泣けました。
それから花へ傾いていくビトの思いとためらいも。

花ちゃん、あの踏み切りのランドセルの子なのかなぁ・・??

    ザ・クイズショウ
1話で翔さん(not櫻井)がチブ、チブ、チブって歌ったとき
危うくチャンネル回しかけた。(爆!)
ドラマとしては嫌いじゃないんだけど
何見てるんだか分からなくなったっていうかね。。
2話のゲスト、美波ちゃんは大好きなので楽しみで。
相変わらず瞳もそこから流れる涙もほんとにキレイで。
うらやましかったな・・(何が!?)
相手の秘密によって翔くんの目の強さが違ってたことも良かった。
これからもそんな微妙なニュアンスで行って欲しいな。
ただあの白い部屋にいる神山が
The QUIZ SHOW のMCKAMIYAMAに変わるスイッチは
どこなんでしょうか?
2話でもまだ少しもそこは分からなかったですよね?
キーは本間ディレクターってことでしょうが。
毎回最後あの主題歌を聞き取ることに集中しすぎて
あややと横山君の会話に身の入らない私です。
以上 みやこの感想、まとめてどん!!でした。(笑)

2009年4月24日 (金)

夜中のつぶやき

おとといからなんとなく背中から腰にかけて違和感があって
少し熱もあるし、何かなこれ? なーんて思ってたんですけど
昨日どうにも調子が悪くて会社休んで医者に行ったら
インフルエンザ でした・・・。  ちーん。
先週下の子がインフルエンザで休んでたんですよ。
本人は元気だし、昼間はばあちゃんに見てもらってるし
ばあちゃんにうつらないといいなぁ なんて思ってたんだけど・・
結果、私がうつった。  みたいな・・。
だれかから病気をもらうなんて
高校生以来かな・・
もうとにかく丈夫なんで、それにこっちは車で移動することが
多いでしょ?だから誰かに至近距離で接触するなんて
そうないからね。
この数年は、子供が風邪ひこうが、インフルエンザになろうが
うつったことなんかなかったのに。
油断大敵!!!
まだまだ流行ってるみたい。
ちなみに B型だそうです。
そんなわけで昨日は午後からがっつり寝ましたよ。
子供の世話やら、ごはんの世話やら
全部やってくれるばあちゃんがいて
本当に助かりました。
だってこれ、私一人だったら
どんなに具合が悪くたって全部やらなきゃなんない。
そしてこういうことをやってるお母さんとかが世の中にはたくさんいる。
それに比べて私は・・
まだまだ私子供だ。
さて昨日、ちょっといやなニュースが飛び込んできました。
そして彼らが世間から常に注目されていることがわかります。
いろんな意味で。
誤解も何もかも、良い方向にはなかなか転んでくれない。
ジャニーズってだけで偏見を持っている人はたくさんいるし
私も嵐にはまるまでは、毛嫌いまではいかないけど
一生自分からは開けることのないトビラだと思っていたから。
そのトビラの先を自分の都合で勝手に創り上げてしまう。
きっとそんな感じなんだろう。
よく思っていない人に、心無い言葉をかけられること多いだろう。
(きゃーと同じくらい、あるんじゃないかと・・)
そのたびに、ぐっと堪えては
私達に笑顔をくれる彼ら。
たった1度、ちょこっとハメを外してしまっただけで
またはそう思われる行動をしてしまっただけで
例えそれが事実じゃなくたって
ついてしまうイメージ。
きっとそういうものとも一生戦い続けなくちゃならないんでしょうね。
でもファンの想いはこういう時強いから。
気持ちがどんなに揺らいでも、それは彼らに対する心配からだし
きっと立ち直ってくれる。
一人じゃない。メンバーもいる。
周りに支えてくれる方達がたくさんいるから
また前と同じ笑顔になれる日が来るって信じて。
こっち側から届くか分からない風を送ることしかできないけど
それでもその想いは強いから。
昨日1日そんなこと思ってました。
ふとんに入りながらですけど・・。
ポポロを買いました。
大野くんのソロインタビュー
書いてあることはどこかで知った話ばかりでしたが
なんかこう10年を見返すようにそれを読むと
なんというか・・
彼を抱きしめたくなる。
あれ?なんかおかしいこと書いた?
いえいえ、熱があるせいじゃございませんよ。
5人で手をつないで 深々とおじぎをしている彼の中に
そんな思いがあるんだなって
そう思ったらやっぱり・・
彼をぎゅうってしたくなるよね?

ま、させてはもらえませんが・・。(当然です!)

つか、寝なさい!って。

2009年4月22日 (水)

今の私は・・

泣く泣く小学校へ行っていた新一年生の息子。
少しずつですがお友達が出来てきて
学校での楽しみが少しずつ増えてきている様子です。
朝別れるとき私の手を離すまでまだ時間はかかりますが
泣くことはなくなってきました。
おとといは児童クラブへの迎えが少し早く感じたみたいで
ばあばへあと30分遅くてもいいよ。
なんてリクエストするくらい。
もうちょっと。もうちょっとだね。
というわけで、皆様から暖かいコメントいただいて
私の気持ちも落ち着いているせいもあってか
息子の不安な気持ちも減ってきたようです。
本当にありがとうございます。
きっとこれからもこんなことばかりでしょうが
いや、まだまだこれからだろうから
その時々でまた立ち止まったり、考えたりしながら
私なりに頑張っていきたいです。
あと、先週はじめから熱がなかなか下がらなかった下の子
保育園休んでいたんです。
(ここでもまたばあばが毎日付き合ってくれてました。感謝!)
なんとまぁ  インフルエンザでしたぁ!
B型だそうで、まだいるんですね?エンザくん。
土曜日にタミフルもらったら即効!
効きましたねぇ。
ということでやっと今日から保育園行けそうです。良かった!!
こんなことがあってブログ更新できなかったわけじゃ全然なく。(汗)
書きたいことがなかった訳でもないのですが・・
なんだか書けなかったんですよね。
なんか大野くんをもの凄く見たい!  んだけど
DVDやら録画やらひっぱりだせば
すぐ見られるんだけど、いや少しは見たんだけど
そういうのじゃないような気がして。
大野くんの、嵐の歌は毎日聴いているんだけど
やっぱりただ聴くとか、そういうのでもない気がしていました。
これってなんでしょうかね?
何が足りないんだ?  とか
や? そもそも足りないのか?  とか
求めているものが贅沢になりすぎてるのか?  とか
じゃあ 何を求めてるの?  とか
嵐への愛が  大野くんへの愛が
減ってきちゃった? とか。
まぁそんなまじめに考えることでもないのですが。
ただ眠いだけだったりもしないでもない。(苦笑)
今週の宿題くん。
あのうるっうるな瞳で「優しい。優しい。」言ってる大野くんを
また見たくてHDD見たら・・
   がぁーん!!!
無い!!!
なんだか撮れてなかったみたいです。
なんでぇ? 泣・泣!!
宿題くん見てるとき、ちゃんと録画の赤いランプ点いていたんだけどな。
明日から大丈夫かなぁ。。。
ま、こんなことで凹んでみたりもしてますがな。
とかこんなどうでもいいこと書いていていいのかな?
もう準備しなきゃ!!
では今日もお仕事行ってきます。

2009年4月17日 (金)

学校で嬉しかったこと?

2~3日前
帰宅した私に小学1年の息子がかけてきた第一声。
「今日、学校で嵐が流れたんだよ!!」
「給食の時」
へぇ!何だった?
「サクラ咲ケ と Step and Go」
「みんな嵐だぁ!て言ってた」
ほ、ほんとうすか???
春の曲・・だったのかな?
にしても誰の選曲だろ。
きっと我が家のようなどっぷり嵐宅があるんだろうことを確信。
小学1年生があの2曲を嵐と認識してるとこも
結構すごいんではないかと、思ったけど。

確かに2曲ともシングルだけど・・   どうなんだろ(^-^;  

うれしそうにしてきた学校報告のお初が嵐ネタ。
んふふ。
まぁ、わが子だ!!!

2009年4月15日 (水)

感謝カンゲキ雨嵐!!

昨日の記事にたくさんの励ましのコメントいただいたんです。
ここにいてよかったなって
みんな暖かいなって
本当に、本当に嬉しかったです。
ありがとう。。。
頑張れます!!!
いいはなシーサー?だったかな? での大野くんの言葉
を思い出しました。
MCの方に、メンバー同士励ます?みたいなこと聞かれて
「励ますっていうか
きついね!きついね!きついねー! みたいに盛り上がる。」
って言ってて。
これ聞いて嵐らしいなって思いながら
だから好きなんだ!!ってきゅんきゅんしたんだ。
先日の宿題くん。
最高にアホな嵐が
        大好きです!!!
そしてここを覗いてくれて、足を止めてくださるみんなも。
嵐を通じてだれかの気持ちとつながることができるって
本当にすごい!!!
いつもありがとう。

2009年4月14日 (火)

今日の私は まぁ・・ 暗いよね?

翔くんをリーダーと表して
「陰のリーダーですよね。」とまじめに言う大野くんに
「そんなことないよ。」って翔くんの口調と表情に泣きそうになっちゃった。
そしてまた松潤が
「リーダーがこんな感じだから、翔くんの細かさというか・・が生きるというか」
みたいなこと言うんだけど
その一部始終がものすんごいよくて。
もう嵐ってなんてチームなんだ。
あのチームの愛をめちゃめちゃ感じちゃってね。
この人達に出会えて良かったなって
本気に思っているところです。
いつも本気でしたけど
もう更にがつんがつんとやられております。
あっ、少クラ未公開特集の時の話です。
小さい画面で見たんですけどね。
なんで未公開なのか、そこがもったいないよね。
以下、まったく自分ごとです。
     長いし、重いし、暗いです。

長男が小学生になったんですけど
やっぱり思っていた通り
行きたくないみたいです。
特に放課後の児童クラブ(学童)が慣れなくて駄目みたい。
まぁ誰でも不安ですよね。最初はね。
気が許せる友達ができるまでは何に頼っていいかわからないし。
毎朝、集団登校の集合場所まで送るのですが
(信号も渡るし慣れるまではと思って。甘い?)
いざ行ってらっしゃい!となると手を握り締める力が強くなってくる。
で、確実に泣かれるわけですよ。
目を真っ赤にして泣きながら手を握り締めてくる子供に
「今日はもっと楽しいと思うよ。頑張ろう!!」
と言い聞かせて、手を振り払うのは
切ないものです。
振り向いてはいけないと、決して後ろを見ないで歩く私ですが
後ろから聞こえる泣き叫ぶような声に
こっちが泣きたくなる。
もうすぐ7歳になる何不自由ない子供への
毎朝の行ってらっしゃいが、まぁ・・・正直結構きついです。
って、まだ一週間ですから、何言ってんだか。
生後7ヶ月からみっちり保育園に行ってて
集団生活なんて慣れていそうなのに
やっぱり誰も知った人のいない小学校は
どうしようもなく不安みたいで。
また放課後の児童クラブに年上の男の子が勢いよく入ってくると
その勢いに呑まれてしまうのか
急に萎縮するようになり、シクシク泣くらしく
結局ばあちゃんに早々と迎えに行ってもらっています。
で、何がそんなに私を気分的におとしてるか。って。
彼がその不安やもやもやを家で吐き出すわけですが
その方法がね。
まぁ色々やるんですけど
その、イライラしているどうしていいかわからない感情を
口で一切言わずに
なにか別の、分かりにくい理不尽な方法でぶつけてくる感じが
ある人にそっくり。  なんです。

私のトラウマ。
そこに引っかかってしまって
そういう行動をとる彼を注意しているのか
それを見た私の方がただただかっとなってしまって
しかりつけてるだけなのか
分からなくなってしまっているところなんですよね。
うん・・・ 多分後者。 なんで。
そういう感情を抑えられない自分が確実にいて
もう彼をしかりつけている間も
自分があまりにもヒステリックになっていることに
気がつきながらも止められない。

結局彼の不安を一番煽ってるのは  私。
人のせいにしたくないから
その、ある人 には別れを告げたのですが
そのトラウマみたいな、呪縛みたいなものから
まだ抜けられないでいる自分は
結局それにがんじがらめになっていて。
その人のせいにしているんですよね。
まだまだ小さい彼は、こんな母親の顔色見ているから
見てくれているから
また抜けられないんでしょうね。。。
そういう自分の駄目なところを忘れたくて?
なんとかして欲しくて?
逃げ込んだ先が 
嵐 だったのかと、 大野くん だったのかと
そんなどうしようもなく悲しくなること考えちゃったり。

おい、相当暗いな。

肝に銘じてる言葉があってね。
潤くんが なんだっけ?雑誌で言ってた言葉。
「溺愛されるのもいいんだけど
仕事でしか返せないから。」
・・・痛い。
痛いけどその通りだ。
どんなにはまってしまっても
どんだけ曲がりそうな背中押してもらっても
がっつり心掴んでもらって、あたたかくしてもらっても
近くにいるような気になる存在でも
どんなに夢見てしまっても
決してそれ以上近くはならない距離。
それを分かっていて
最後は自分でなんとかしなくちゃなんないってこと。
なんとかしてくれるのは嵐でも大野くんでもなくて
彼らに触れることで得られる自分の・・・
自分の・・・
    なに?
まぁ・・ なにかです。
そう思っていても
彼らの言葉、行動、歌声・・・
そんな中のひとつをとってきては
泣いたり笑ったりしてる母親は
やっぱ、だめ。  かな?

2009年4月11日 (土)

元気でしたね!!

      笑っていいとも!!
VS嵐見た後すぐ録画したものをチェック!
何をこんなに急いでいるかって
大野くんが
釣り25時間やっちゃってる大野くんがどんだけ黒いのか!
を確認するためです。
   本気ですとも!!
で、結果。   大好きです!!
あれ? 違う?(全然違いませんけど)
で、結果。   大丈夫です!!
んふふ。 いや?黒いよ。相当だよ。
正確には私が思ったほどじゃなかった。ってやつですけど。
ちょこっとぷくっと(むくんでた?寝起き?呑みすぎ?)した顔で
釣りについて話す大野くんはほんとに かわえぇのぉ!!
タモさんもいつもどおり構ってくれて。泣いちゃうから!って。(笑)
いいとも金曜レギュラーさんがまた良くって。
 まちゃみさん。大島さん(森三中)。  ←ねぇ?うれしいよね。
 オリラジさん。 ←中田さん、国立行ったんだっけ?
 つよぽん。 ←先輩とっても優しかったよ!
やっぱり彼の周りにはゆったり優しい空気が流れていました。
番宣なのに VS嵐 を言わない(忘れたの?)智くん。
タモさんが、これは今日?って確認してくれましたね。
すっぱい顔もかわいかった!!
ビタミンCたくさん入ってた? すっきりしたかな?
みなさん、大野智は元気でしたね!!!

     o(*^▽^*)o(o^-^o)o(*^▽^*)o

先週はじめ、新曲発売を知り
あわてて初回限定版の予約をしに某CDショップへ行ったんですよ。
(すでに1日遅れだったんですけども)
で、入り口にずらっと並ぶ予約票の数々の中に・・・・
ない!!
んですよ。
で、念のためにジャニコーナーへ行くと
そこにまた何種類かの予約票。
ここか!!と思ったものの
やっぱり
ない!!
んですよ。
なんで????
レジのお兄さんに「CDの予約をしたいのですが予約票が無くて」
と言って内容を伝えたら
「初回版2種類と、通常版がありますがどうなさいますか?」って。
あるんじゃん!
なんでよ!
という訳で、レジで予約が無事出来ました。
まぁ迷わず「初回版両方を!」と言ってしまう自分も、なんでよ!だけど。
なんだかこれが当たり前になってくるって困るんだけどね。
本当は嵐くん達には、こういう波には乗ってほしくないとこだけど
あまり売り上げに貢献できなかった時代のものを
今J-ストさんに返している最中かもしれないし。ね?
これがあって次の曲制作につながるんだろうし
(そしてそれがいい仕上がりだとやっぱり嬉しいし)
あの規模のコンサートが作られるんだろうし
スタッフさんも動きやすくなるってもんなんだろうし
そういうお金の動きくらいは本人達も重々承知だろうしね。
あら?私ったら何様?
あんた、嵐の何なのさ!(こんな歌あった?)
まぁファンはこういうことでしかサポートできないってことですな。
って、話が逸れていますが・・・。
でね?昨日夕方またそこに寄ったので
予約票のところ見に行ったんですよ。
さすがにあるだろうと。  なんか気になっちゃって。
結果、無かった!!! (←驚!!)
何?
何で?
あまり親切でない店なのはわかる。大手さんだし。
国立DVD予約票も、はじめはあったのに発売1週間前とかには
忽然と姿を消してたし。
(せめて次回入荷分の受付してます!とかの表示ほしいよね?)
初めて予約して嵐CD買う人いるかもしれないのに。
そんな人の勇気を、ちょっとだけでも助けて欲しいなぁ。
ねぇTU○AYAさん。(言っちゃった)

2009年4月10日 (金)

ある春の日の思い

090409_5 

昨日帰宅途中の4号バイパス走行中

5歳の息子が助手席から撮ってくれました。
あまりにも夕日が綺麗で。

20090419_2 090409_1830_3

その後、ちょっと余裕があり近くの公園へ。
もうすっかり落ちた陽をバックにつぼみの桜たち。
週末に咲き始め、来週が見ごろかな?
にののぐーたんでの浮気大丈夫。発言が
今日私の頭から離れなかった。
これ、にのにぞっこん(←笑)なファンの人なら
彼らしいって思う?
それともいろいろ考えちゃう?
私自身は えーなんで?!
って感じでもなく、すごく言ってること分かるような気もするんだけれど。
傷つかないって言ったわけじゃないし。
意外と本音だったんじゃないかな。なんて思いました。
でも、その分ガーンって打たれたっていうか。
究極シンプルな幸だけをなくさないでいたい人。
なのかな・・って。
許すとか、許さないとかじゃなく
その人をそれでも好きだという結論があるから。
なのかな・・とか。
それは彼が敏感すぎるからってところもあると思うのだけど。
でもなんかあの言葉を聞いた時に
コンサート中ににのが見せる笑顔が
あの今にも泣きそうな笑顔が
イコールでつながった気がして。
なんででしょうね・・
でも彼女の方は並みの心臓じゃやってらんない。ね?
あっ、浮気がどうのこうのじゃなくて
そんな彼をわかっていてその想いを受け止め続けるわけだから。
    なに書いてるんでしょうかね?・・・笑。
私がここでにのについて勝手に語るってどういうこと?
でした。
でも思ったこと、書いておきたかった。
シンプルを突き詰めることがどんなに難しいのか
考えちゃったから。
シンプルって言えば大野くんですけどね。
なんか25時間船に乗ったんですって?
で結論は、大好き!なんですってね。
きっとこの人、この先も仕事大好きとは言わないだろうから
大好きなことで大野智がチャージされてるなら
釣り、ばんばん行けばいいよ。
何時間も船に揺られて、太陽浴びて
はぁちょっと疲れたなぁ。
でも幸せだなぁ。
って思ってる大野くんを考えると
こっちも幸せですから。
   でもどんだけ黒くなってくんでしょうかね?
   もう逆に楽しみかも。

2009年4月 7日 (火)

今日も嵐

宿題くん。
くろっっっ!!!!!
ねぇ一人だけ夏休みですか?(潤くんはビト仕様なんだし)
どんな南国でバカンスしてきたんでしょうか?
でも釣り楽しいんだよね。あの顔じゃぁ。
だって大野くんの顔、黒ければ黒いほど
目はキラキラしてて、あははって声まで出してちゃんと笑うし。
充実してんなぁ。
許すしかねぇじゃん? 真っ黒 智。
でも日焼け止めはのちのちのシミ予防に必ず塗りなおすのよ!!
あなたどんだけ関係ないって言ってもアイドルだしさ。
私が19、20歳頃の無謀な“太陽は友達さ!生活”を
今どれくらい後悔してるか身を持って証明・・・って知らんがな!!
あははぁ。。。
それから!! 翔くん!
頼むからそんなに痩せないで!!
やっぱ元気ないのよ。
腹に力 入ってないし。
ZERO見てても倒れやしないか、心配だよ。
だから今日の宿題くんで
大野くんが自分が食べた後、どんぶりにお箸を乗せて
それをすっと左横に“ほいっ”ってやったとき
泣きそうになっちゃった。
そうだよ!食べなよ!
そんくらいで十分だよ。 食べなよ!
きっとそんなストイックな翔くんが好きな人もたくさんいるんだろうけど
(もちろん心配も私なんかよりたくさんしてるんだろうケド・・)
やっぱ私はもりもり食べて、うっめーー!って言ってる翔くんが
好きなので、そう思っちゃいます。
国立DVD。
翔くんのソロの後、バンド~メンバーを紹介しますよね。
みーんなでtheme of Dream "A" liveに乗せて踊るシーンに
毎回ゾクゾクします。
みんなでぎゅっと寄ってチームを確かめて・・・
ラスト行くぜ!行くぜ! みたいな感じだからかな。
A・RA・SHIのイントロ、ドン!でみんなが散り始めたとこで
あーっ もうちょっと踊って!!って言いそうになる。
で、 なんでそんな感じがするかって思ったら。
この曲ドリアラコンのオープニングだったっけ?ってこと。
相葉ちゃんから一人一人登場してきて
衣装も黒でもうなんかとても斬新でかっこよくて
初めてのコンサート参戦だった私にしたら
一人また一人出てくるたびに、本物だ!!!
みたいな衝撃で。
もう札幌の天井の方だったんだけど
夢じゃないよね?夢じゃないよね?ってばっかりで。
だから、今もそのときのこと思い出そうと思っても
ところどころすごい鮮明なんだけど
全体的に夢みたいにしか思い出せないっていうか・・。
だからあの時を確かめたい!!!
ドリアラコンDVD、待ってるぜぇ!
もちろん全編見たいよぉぉ!(遠吠え!)
あーーーーっ!!! 
凪様も見たいよぉぉ!(絶叫!)
嵐貧乏、さいこーっだぜっ!(相葉ちゃん風に)
それと
国立DVDの発売が再開されたみたいで(今日は店頭にもあった)
それ見てたら気がついたけど
凄いことになってるのね?
コトバノチカラの今年になっての売れ行きが。
えっこれいつのランキング?って目を疑ったし。
そうか・・。 
そうか・・・。
今年コンサート行けます様にっっ。
昨日は長男の小学校入学式でした。
こっちは桜はまだですが、暖かでいい日でした。
まぁでもこんな日でもニッキに書くことと言ったら
嵐! なんですな。
こんな母で許してな。(相当自分に甘いの!私)

2009年4月 4日 (土)

どうでもいい話

相葉ちゃんがせっかく今週のひとことで教えてくれたMC。
こちらでは、もちのろんで見られません。(泣!!)
ここ、東京までも北海道までも韓国までも行きやすくって
いい所なんですけどね。
こういう時やっぱり泣きますね。
さて日曜日。(今頃ですが)
にののドラマを見た後、目が冴えちゃって
なんだか大野くんの魔王が見たくなって
猛烈に見たくなって。
見ちゃいました。7話から最終話までを一気に。
なんででしょうね。
きっと成瀬領という人が
心に深い傷を負い
暗いトンネルから抜け出せなかった人だったからかな。
ひでちゃんのお母さんとか、管理人さんとか、社長さんとか
そんな人たちが、もし成瀬さんの周りにいたならば
あんな人生を送らなくても済んだのかもしれないのに。
とか、まじめに考えてる自分がいて。
違ったドラマを結びつけてるって、どんだけ痛いんだ。
でもそれだけ、にのも大野くんもその役柄を生きていて
その人の人生までも気にさせてくれてるわけだから
敵わないよな、全く。
そんなんで。
やっぱり私の“日曜日に夜更かしの法則”は
今週も守られて(こんなことだけじゃん)
ながーい、ながーい一週間でした。
さすがにリズム取り戻すのに結構かかったのは事実で。
毎日夜8~9時ごろが、猛烈眠かった。
っていうか、子供ほったらかしでコタツで爆睡。
ってこと何回もやりました。
(一週間に何回もって、どういうことですか?ねぇ?)

2009年4月 1日 (水)

心のトビラ

DOOR TO DOOR
家族や仲間について温かく描かれたドラマでしたね。
にのはその中ですごくかわいく育った22歳の青年になっていた。
お母さんや他の人の言葉をまっすぐ受け止めることの出来る
純粋に育った透明感のある、とても心の澄んだ男の子だった。
そしてお母さん。
凛とした優しさを持った人。
そしてお父さんの存在をいつも大きく持たせてくれていた。
それがたまに嘘であっても
お父さんは秀ちゃんのヒーローだから。
自分ひとりで我が子を育てて行かなくてはならないって時
どうしても 気持ちが硬くなってしまうような気がするんです。
だからつい物事に関して現実的になりすぎたり
きつい口調や表情になったりしてしまう。
自分も気合い入れて行かなきゃなめられるみたいなね。
でも樋口さん演じるお母さんは
ものすごく柔らかくその人生を生きてきたのですね。
秀ちゃんの笑顔が大好きで
彼が少しでも笑顔になれるようにって育ててきた。
あの、お父さんの言葉集も
きっと自分への励ましの言葉でもあったのでしょうね。
素敵なお母さん。
私もあんな風になれるかな。
誰にも頼むことができなくてネクタイを諦めていた秀ちゃんに
ひとりで結べないことを仕方ないこととしてではなく
他の方法もあるんだよ。ということを教えてくれた管理人さん。
次の就職先をあいつならやれるから。と
かつての自分の部下に頭を下げて頼み込んでくれた名和社長。
企画が認められない理由も、ノルマも、期限も
差別せずに同じように与えてくれて認めてくれた川嶋部長。
そしてお母さんの変わりに
身の回りのことを助けてくれるようになったさおりちゃん。
でも結局彼らも秀ちゃんと出会うことで
色んなことに気付き、見直したり思い出したりできたんですよね。
プライドとか恥だとかが必要ないときもある。 
そしてどちらがどちらを蔑むとか羨むとかでもない。 
人生、一度や二度転ぶのなんて当たり前。
二度、三度やってうまくいかないのも当たり前。
残る人はそれを最後まで続けた人。
チャンスはピンチの顔をしてやってくる。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »