2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« レギュラー番組忘れそう・・・ | トップページ | 我が子の完コピで脳内再生 »

2010年4月20日 (火)

Cutでもらった想い

先日から気になって仕方なくて
どうしようもなく湧き上がってくるめんどくさい自分の気持ちが本当はあって。
それはそれはとても贅沢な思いで。
ごめんね。ごめんね。
って思いながら書いてはあげられない日記があって。
それは腑に落ちたら載せようか。ってほんの数日前にここに書いたの。
そんな思いの中にある今を記録する意味で。
でもそのほんの数日後に
大野くん本人からそれを打ち破ってくれる言葉があるなんて
思いもしなかった。
今日まで上げられなかった、ただ書きなぐっただけの日記があります。
直すのもちょっと違う気がするので、ここにそのまま載せようと思います。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

近頃はめっきり アートだ、芸術家だと紹介されるよね。
そういうことを謙遜したり、否定したりしない強さもすごいと思う。
私もそういう一面を知って、あなたの内面に触れるきっかけになったんだから否定しない。
でもそう言われるのを聞いてる私は強くないから、余計に思うんだ。
 モノを作ることは自分のためにして。
 釣りと一緒の感覚で全然いいよ。
そりゃ大野くんの愛は見たいし、その空間に行きたいよ。
前回外れて、自分でもビックリするくらい泣いたんだ。
そしてそれ以上何もしなかったその時の自分の行動力のなさも
今になればそりゃないな。と思う。
次の個展は絶対に見に行くという目標さえ、自分の中に2年前からあるんだ。
だから、また個展をと思ってくれること、すごく嬉しい。
それは間違いない。
でも、個展を目標にして作品を作ろうとしている大野くんには
ほんとにそれは望むことなの?って思っちゃう。
私、矛盾してるのかな?     してるね・・・
日記なら・・・それでいいよ。
そう思う。
あなたが今私にくれるもので
もう十分なくらいあなたの愛は溢れてる。
それを取りこぼさないように、一滴も落とさないようにこっちは必死だよ?
あれやって欲しい、こういうの見てみたい。
そんなこっち側の欲はたくさんあるけれど
でもほんとは
目をつぶってあなたを想う気持ちで心が満タンになってく瞬間が
一番満たされる、幸せな時だったりもする。
あなたにもそういう瞬間あるでしょ?
それは絵を描いてるときだったりしないのかな?って。
そのことに夢中じゃないかな?って。
そう思うたび苦しくなる。
大野くんのこと大好きだし、もう、離れなれないです。
夢中なんです。
精神的なことでしかないのかもしれない。
でも、この気持ちがなかったら?この気持ちを忘れてしまうときが来たら?
と、思うだけで とてつもなく怖い です。
自分は満足したから人のためでいいや。
って最近のあなたはよく言うよね。
でも、大野智としてそこにいてくれるだけで
十分人のためになってるんだよ?
甘やかす。という意味でなく
本当に好きなものには、本能のまま向き合って欲しい。 というか
それこそ目的なんてなくて、目標もなくてよくって
ただ 夢 でいいんでないか? と。

                                      ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

自分の正直な言葉のはずなのに

似たもの同士の誰かが書いた文にも思えてしまう。
大野くんの作品を身を持って感じたい。という願いが叶うのかもしれないっていう
震えるほど嬉しい思いがあるのに
人のため、ファンのためと思う気持ちや
それを期待する周りの気持ちや扱いの大きさが
結果彼を追い詰めることになって
“彼そのもの”を変えることになったりしないのか・・・・
そんな不安が大きく涌いてきて、入り混じって、複雑でした。
だから今回のCutで
考えちゃってる自分のことが嫌になっちゃった。
という大野くんの人間くささに
もの凄く救われて
そしてやっぱり、そんなことをふわり。と乗り越えた瞬間があって
今は考えてない。
といってくれる大野くんの大きさに
蹴飛ばされました。
なんかもう・・・トリハダたっちゃった。
ジャニーズに入っていなかったら個展も開けなかったと思うので、なってよかった。
とか言っちゃうあたり
そこの部分をまず前提に批評する人もたくさんいるってのに
全然知らない振りして、もの凄く現実や社会を分かってる人だと思うよね。
大野くんが、奈良さんや藤子先生と出会えたこともジャニーズのおかげだと
言えば、そりゃそうだな。って気もするし
でもイラストレータになりたかった夢を
デビューという大きな渦に巻きこまれたことで失ったかに見えた彼が
もらった使命を全うしていく中でも
作品と向き合ってる時のわくわくやドキドキを忘れずに持ち続けて
ここまで来たからこそ、出会えたのはずなので
そこは必然だったんじゃない?って気もする。
個展やりたい。って思えたのも誰かとの出会いがあったからこそ。かもしれないし。
なんだろ・・・
やっぱりあっさり置いてけぼり食らった気がしてますけど(笑)
でもこの感じがたまんなく好き。
で、さらに深く嵌っちゃうんですよね、この人に。

« レギュラー番組忘れそう・・・ | トップページ | 我が子の完コピで脳内再生 »

大野智」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
いつも楽しく読ませていただいています。

今回のエントリーを読んで泣きました。
私もそう思ってたんです。私が書いたのかって思うくらい…。
大野君、素敵ですよね。もう最近、どの大野君見ても泣けてきて…。
こんなに大きな人っているんだって。
うまく表現できなくてじれったいのですけども。
とにかく私は大野君に出会えてこんなに嬉しいことはないってとても幸せな気持ちでいます。

これからもブログ、楽しみにしています。

ちょもさん、はじめまして。
いつも読んでくださってるんですか?
ありがとうございます!!

そうですよね。私もこういう人、もちろん身近にいないし、出会ったことないから・・・
まさに未知との遭遇?
彼はどんな人とか、彼に対する思いがどんなだとか
言葉にならないんですよね?表現できない。
でも彼に気がつけたこと、嵐を好きになれたことは本当に幸せだと思います。
これからももっと幸せになれますよ。きっと。
一緒に見守っていきましょうね!

またいつでも遊びにいらしてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レギュラー番組忘れそう・・・ | トップページ | 我が子の完コピで脳内再生 »