2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月27日 (火)

春はちかい?



毎日よくもまぁ吹雪くもんだ


強風にのって横にぶっ飛んでく雪は

冬に比べれば大きくて水分の多いものだけど

それにしたって


もうそろそろよくね?



もうすぐ4月

春はすぐそこまで来ているはず


だよね?



マリナーズ戦

ゆうべたまたま見ていたら

JAL CM 2つ続けて流れた。


ひとつ初めて見たのがあった

また流れるかなぁ





23日金曜日、嵐ラジオ最終回


それまでにネットがつながれば

頑張ってレポしようかと思っていましたが

結局つながらず。


ごめんなさい




auひかり


工事待ってる間にCM 変わっちゃってるしね(笑)

どんだけ混んでんのよ?




最終回で読まれたメールにはどれも

「1年間ラジオを続けてくれてありがとう。」

という感謝のメッセージが添えられていました。


私も、最後に1度くらいメールして

嵐コールしようかと思ったのだけど(笑)

やっぱりちょっと重くなりそうだったし

考えてる間になんだか気が引けてしまって

出来ずじまいで・・



ラジオを聞きながら

なぜ私は嵐にありがとうが言えなかったのか


ううん

いつも

みんなに伝えられないのか


大切なことばなのに

いっつもそれを言えない自分と

それでもあたたかい嵐の声に

揺れながら

聞いていました。



最後に大野さんから。と翔ちゃんにふられて

「2人とかで(ラジオ)やるのも初めてだったし

新鮮だったよね?」

自分の感想を言う大野くん


ふふ

最後の回だからといって

誰かを励まそうとか

お別れのことばを言うとか

そんな特別なことはしない


いつも通りの大野くん




エンディングは

感謝カンゲキ雨嵐



smile again ありがとう





いつも通りの嵐の声


どんなに不安な中だって

聞けばいつもほっとしたし

心がぽっとあたたかくなった


力もらってたんだな、私






先日読んだ本に


「アイツに好きだと言い忘れた」

をゼロにするのが極上の人生。


って言葉があった。


つまりは

そのたびにちゃんと

想いを伝えていくことが出来るかが

人生では大切なこと。

というものだった。



そういえば前に翔ちゃんが

これからどれだけ晩飯が食えるのかと思ったら

その一回一回が物凄く大事!

みたいなこといってたよね?


その時は笑って聞いてたけど

結局これと同じことだろうな・・





ありがとう 

ごめんなさい 


好きだよ・・  




伝えないと

いつかきっと離れてしまう


わかりあえなくなってしまう



せっかく出逢ったのに

そうなってしまうのは

悲しい









2012年3月14日 (水)

東京タワー



昨日のセミナー

いやぁ頭痛かったあ(笑)



終わったら東京タワーを見に行こうか?とか

お昼ご飯食べてる時は考えたりしたけど


セミナーが予定終了時刻より押してしまったせいか

ちょっと心に迷いがでてしまった。

           ↑

       大げさ(笑)



東京タワーに行きたいのか

ちょっと離れたところから見たいのか

自分の心がまとまらなくて

どーする?どっちに行く?

それとも今日は行かない?

なんて思ってるうちに乗り換え駅を通過(ちーん)


電車の終点、三鷹だし

このまま降りるのやめようか?

なんて

そんなこともっと出来ないのに

ぼーっと考えたり。


きっと本当に行きたかったら

10分しかなくても行っただろうし

今回は自分の気持ちが足らなかったのだろう。


気が付いたら朝来たように普通に東京駅に着いてた。




新幹線のホーム

狭い空とビルの灯りを見ながら

こんなふうにひとり、駅で電車を待ったりすることも

今や出来ないであろう大野さんを思ったら

胸が詰まりそうだった。



東京から帰るときはいつもこうだ。

切なさがつきまとう





帰りの新幹線のなかで知ったのは

嵐色に彩られる東京タワーのこと。



虫の知らせだったのかな?←違



嵐メンバーの色って

ファンしか関係のないものだと思ってんだけど


なんかスゴいね(笑)



そうそうそれで

東京タワーのホームページ

本日のライトアップのとこから

日にちごとのライトアップが見られるのだけど

16日をポチっとな。すると


下から青→赤→緑→黄→紫になってるの。



  東京レインボータワー

        ~笑顔と笑顔を繋ぐ華嵐~


ネーミングまで書いてある!



実はこれ見るまでは

嵐カラーなんて大げさな。←!?

とかちょっと思ってたんだけど


見たらちょっと笑顔になったよ。



会見でのみんなも嬉しそうだったし

その日から桜カフェとかもあるらしいし


いいじゃん。華嵐  ←なに(笑)







2012年3月13日 (火)

朝から月を見て



東京に向かっています。



夕方までセミナー

しかも税金関係(汗)



日帰りだから

多分何も出来ないけど


でも

今日はいつもよりちょっとだけ

大野くんの近くにいられるし(ばか・笑)


月も出てるし




よーし

がんばるべ!!





2012年3月11日 (日)

黙祷



震災で犠牲になられた方々に

心より哀悼の意を表します。

どうか安らかに


また今を生きるみんなが

明日を夢見るちからを持ち続けていけますよう

見守ってください。


黙祷を捧げます。






子どもたちとキャンドルを作りました。


KIMG0168.JPG


どうかあの青い海、青い空が

みんなの希望になりますように。





2012年3月 4日 (日)

思い出の曲



3月ですね。


気温12度まで上がった次の日に、どか雪とか。

まぁ季節もキッパリと変わるわけではないし

いつもいったり来たりするもんです。






先日は読まれた方が後味が悪くなるような

あまりにも自分勝手な日記を書いてしまい、すみませんでした。

よくあんな文、スマホで長々と打てたもんだと、ある意味感心したり。

   ↑いや、しちゃならんし


消そうかと思いましたが

こんなふうになっちゃう自分を見直すことも必要だろうし

このまま置いておきます。




先週のVS

クリフクライムで落っこちた大野さんを見て

笑いながらダーダー(ToT)泣けたのは私だけですか?


どう考えても誰にも通用しない言い訳も

その後の「すみませんでした!」も



私にはどれも惚れちゃう瞬間でした。


思い込みでも痛くても何でもいいや!

あれではっきり目が覚めた。






復興ラジオの日

お友達からメールがきました。


「あと2回しかじゃなく、あと2回も聴けるんだよ。

  私の分も聴いてね!」





傷つくのが怖くて耳ふさいでばかりで

ひとりでいじけて

みんなの優しさや気遣いに鈍感になってく

どんどん曇ってく心に気づきながら

でも、もうちょっとここにいたら

誰か手を貸してくれるんじゃないかとか

きっとそんなふうに甘えてたよね




嵐のみんなが届けてくれたこと

そのラジオが聴けたこと

特別なプレゼントです。


大切にします。

ありがとう。



そしていつも気にかけてくれるみんなにも


ありがとうございます。

本当に感謝しています。






今回の潤くんと大野くんのラジオの話


子供のころの夢はなに?の質問に

「パン屋さん」なブレない大野くん


小さい頃、とにかくパンが好きで朝食はいつもパンだった

コーヒーぶっかけて食べるのがうまかった

↑ぶっかけなんだ(笑)

温かいコーヒー牛乳に食パンひたして食べてたそうですよ。



アオゾラペダルを聴くと

当時付き合っていた彼と一緒にハチクロを見に行ったことや

その彼が歌う、ちょっと調子外れのアオゾラペダルを自転車の後ろで聴いていたことを

思い出してキュンとするというリスナーさんから

嵐のみんなはそんな曲はありますか?とのメール。


潤くんが「リーダーある?」って聞くから

なんかちょっとドキドキしました。



Le Coupleの「ひだまりの詩」だそう。


京都時代に

泊まっていた旅館から駅までよく聴いていて

その頃のことを思い出すそうです。


十数年前

どんなふうに彼には聴こえていたのかな。


どんな曲か知ってはいたけど、やっぱり聞いてみたくなった。



旅館から京都駅までの風景

そのときの空気の温度、におい


イヤホンから聴こえる優しい声に

若かった彼はどんな想いを重ねたのか...



私までちょっぴり切なくなっちゃった



潤くんが話をふってくれたおかげで

触れることができた気持ち。


ありがと、潤くん!





私はなんだろ



思いうかぶのは


   flavor of life


わりと最近?


会社帰りにラジオから流れてきた

この曲を初めて聞いたときの

暗い道とその時の気持ちを思い出す。


それがたまたま見た花男の挿入歌だったときの衝撃も

なんかそのまま思い出すんだよな。



どんなことを思ったか?

なんとも表現しづらいけど

何も感じなくなってた心が動いたというか

忘れてた気持ちをまた感じたいと思ったというか


そんな一歩をくれた曲です。


この曲のおかげで、ドラマの世界観に相乗してドキドキできたし

嵐がぐっと近付いたのだから

これもひとつの出逢いだったのかもしれませんね。



皆さんには

そんな思い出の曲はありますか?







« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »