2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

流星の絆

2008年12月21日 (日)

おかえりとただいまと。

なんであんたなんだ・・
そのひと言に込められていた。すべての想いが。
遺族が笑ったり泣いたりしてるのを見てきたあんたが。
犯人だったんだ。
死ぬよりつらくても生きてもらう。 いいな。
功一の悲しい悲しい目。
自分よりずっとずっと強い功一の決断にうっすらほほえむ柏原刑事。
功一が投げた銃。
3人をバックに流れるしし座流星群。
この音のないシーンが、苦しくてたまらなかった心に
息をすることを教えてくれた。
もう遺族じゃないよ、お前。
微笑みあう兄弟。
そしてダイヤと嘘とやさしいレストラン
僕の役目だったんでしょ?
ぬおーーーーーっ
あんなプロポーズしてくれるなら、私も戸上と絆で結ばれたい。
   おいおい。そこだけロマンチックを入れないようにな、自分!
あははーー。
ついでに銀行行ってくる!  そういうことか!
おかえりとハートマークとアクセルの文字を大好きな千円で描いて。
あくせるぅって飛びついて、大好きな人の変わらぬにおいを確かめるサギ。
父ちゃんが大好きだった母ちゃんに似た人に再び愛される。
やっぱり幸せですな。功一君。
おかえりってまっすぐな優しい笑顔の静奈に
ただいまってはにかんで答える功一が!!
愛しいぜっっ(ぜっって何・笑)
ぜんぶいれたよっ(# ̄З ̄)! す(゚0゚)? って兄弟感。
派遣の面接受かったかい?泰輔君。
そして
おわっちゃいましたねぇ。戸上君。
Beautiful days。
初めて(だよね?)エンディングに流れたこの曲に
ものすごーく幸せが溢れてきました。
クドカンさんの最高の。最大の愛が詰まった脚本でしたな。
原作。最終回終わったら読もうと買ってあったんだけど
読まなくていいや。

2008年12月19日 (金)

傷・・

昨日書いてから思ったんだけど
もしかして
もしかして
あの人なの??
ほんとに昨日まではそこに疑いもなかったんだけど
急に仕事中に(←おいおい!)
えーーーーーーっーーーーっ
って思っちゃった。
違うといいなぁ。
ってねのはね。予告での功一の表情が
あまりにも傷ついていたから・・・。
えーーーーーーーっっ?
そんなこととがあったら
いくらドラマでも
私も傷つくよ?
あれ?
にのがなんかで言ってたよね。 何だっけ?
Cutだ!そこで言ってたこととリンクしちゃった。
傷つけられた方が印象に残ってる。
傷つかないと印象に残らないって。
そういうことになっちゃうのかな?
恨んでいた相手が犯人じゃなかった・・ら?
今、彼の周りに残っているのは味方ばかりのはず・・。
ねぇ?お願いだから
本当に悲しい悲しい結末にはしないで?
そんなに傷つかなくても覚えてるよ。。
忘れないからさ、功一の涙で潤んだ目も表情も。声も。
お願いだから、傷つかないで。
ああ。。
気持ち切り替えて・・・じゃあ、アラシちゃん。
じゃあってなんだ・苦笑
とにかく相葉ちゃんと大野くんが笑ってた。
きゃあきゃあ。  えびす!! えびす!!
・・それでいいや。 今はずっと笑ってて。

2008年12月18日 (木)

流星の絆9話。勝手語り!!

ないたーのは ぼーくだぁーったぁ
はい。またやられました。
流星の絆9話です。
そしてくどいほど長い!です。
でも感じたことを書き残しておきたいから許して?
功一と柏原刑事との電話でのやりとりのとこ。
「そうじゃなくて。お前らのことだよ・・」
もう。またぶるるる・・って涙腺を揺るがす言葉。
「兄弟3人、助け合って生きてて欲しいってな。」
「・・・詐欺の常習犯でも?」
このときの功一の思わぬことを言われてしまった表情?
だって俺らあなたのこともだましたんだよ?
「よく頑張ったな。」

(p´□`q)゜o。。 

頑張ってきたんだよ。そのことだけ考えて。

泰輔を静奈を見守って来たんだよ。
父ちゃんと母ちゃんを忘れないように生きてきたんだよ。
もう。それこそ功一の人生の核だったわけだよね?
自分自身が頑張ってるなんて、脇目も振らず頑張って来たなんて
思ってもみなかったのに。
かわいそうだと兄弟に言われても
それが頑張っているせいだなんて思ってなかったんだよ。
そこにそんな言葉かけられたら?
「あのさ。」
この言い方と
その後の"くっ″っと感情を整えようとする感じの息のつき方が
メッチャいいわけ。よいわけよ。
にーのーって叫んだのは私。泣ーいーたーのも私。
でも次の
「食いに来てよ。  ハヤシライス。また作るからさ」
「ほんとだよ。いつでも作るからさ。」
そのあとの功一の幼い笑顔と、ハヤシライスを作る姿を見て
悲しい結末にならないで欲しいな・・って。
もう。お願いだから
誰かが思いっきり傷つくような終わりにはしないで欲しいな・・って
懇願の号泣に変わってしまってるのでした。
Beautifuldaysが終わった後の
ジョージクルーニー2階の兄弟げんかのシーン。
このシーンを勝手に生放送だと思っていた私を許してください。
だって・・なんか・・ちょっと感じが違ったんだもん。
物語のイメージと、今までの撮り方と違うっていうか・・。
なんだったんだろな。あの感じ。
ま、いっか。上に書いたシーンで吹っ飛んじゃったから。
このドラマ、三浦さん演じる柏原刑事がとても好き。
今まで三浦さんのドラマ見たことなかったし
印象としては百恵ちゃんの旦那さま!くらいでした。
とてもいい。(すみません。えらそーで)っつか好き。
にの演じる功一が14年間積んできた思いとか
完璧に進められてきた詐欺の数々とかで
結局自分達のことしか見えなくなっちゃってる功一を
分かってくれている。
それも数段も大人で、そこに向けられてる愛みたいなものは
もう誰も足元にも及ばないよって言うほど深い。
そして何よりさりげない。
私達もそういう大人に実は支えられてるのかもしれないね。
この愛は深いなー。この話の裏テーマか?
(でたっっ思い込み・超!)
気になってる点。
ジョージさん。 今のところギャグにしか使われてない感だけど
謎でたまらない。何者?最終話でもしや来る?
サギ。 アリアケ3の母ちゃんに似ている。
そしてやっぱり謎である。こちらも最終話で何かわかる?
泰輔→静奈への想い>静奈→行成への想い
ドラマを見ている以上、そう感じる。
逆であってほしいけど。
あっー今日はほんとはにのの言葉に助けられたってこと
書こうかと思ったの。
だからこっちは明日かあさってにでもまた書きたいな。

2008年12月13日 (土)

8話と。おにぃさんの予告と。

ないたのは。 ぼくだった。

ころしますね。
この瞬間
私の目からぼろぼろっと涙が出ていた。
こみ上げるとか、こらえるとか
そんな感覚を涙が追い抜いていて
そのあとのどの奥がぎゅぃーんってなった。
そういった功一の目は
なぜ潤んでいたのだろう。
そして私はなぜ泣いたのだ?
ころすねぇ。
柏原刑事の言葉。
もはやこの2人は
刑事と被害者の息子ではない
のだろうか。
あの日同じものを見て
受けた似た気持ち。
そして同じものを
追い続けていた年月。
ずっと思っていたに違いないよね。
この刑事さん。功一達を。
どんな気持ちで生きてきたのか知ってる。
そして“そのこと”を功一は知っているのかも?
「大人になったら犯人見つけて3人でぶっころそーな。」
大人になりそうなとき
そうやって自分に言い聞かせてきたのか?
あー胸がざわざわします。
シリアスだったんだ。このドラマ。
何をいまさらぁああ!!
わかんないよ?
わかんない。
9話見る前に急に書いておこうって思ったの。
・・・とここまでをさっき流星の絆9話を見る前に書きました。
なんと一週遅れの8話の感想です。
リアルタイムで見てるのにね・・
中島美嘉ちゃんの歌にやられてるのかも?
って、思ってみたけど
あの曲が流れる直前にもうぶわっときてたから。
やっぱ功一にやられてんだ・・(泣笑)
ただ相乗効果だったことは確かだ。ずるい。あのタイミング。
9話。
だけど・・もうちょっと噛み締めよ。(←やっぱり!)

ではおやすm。。

って?! 何のために起きてたのぉ? って。
気持ち悪いほど眠いのに
なんで必死に起きてたのぉ? って。
んはぁ
主演:大野智って!
ベタなロックな服着てた!
声!声~!!   声~c(>ω<)ゞ
あのいつの時代?な歌のおにいさんルックで
子供に押し寄せられておぇえ~?!ってなってた!

ひいひい・・

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

楽しみすぎて眠れなくなっちった・・
明日保育園。
クリスマスおゆうぎ会。
歌のおにいさん。  来ないかなぁ・・
  ・・・来るわけないから!